職場を変えてみる

看護師が連日のハードワークが原因で退職してしまうケースは頻繁に見られます。その中には、勤務先の人手不足の問題や、休みが取れないといったケースが多くあり、夜勤の必要性がある場合は身体的な負担が理由となり辞職を余儀なくされてしまう事もあるのが現状です。この勤務体制や就労環境のトラブルは、転職で勤務先を変えることで解決できる事も多いのです。(参考:ハードワークからの脱出計画

ハードワークに疲れた看護師が転職先を探すのであれば、勤務時間が規則的なクリニックが理想です。クリニックによっては、専門的な分野の治療を提供し病床などを備えているケースもありますが、地域密着型のクリニックでは入院設備を完備していない場所が大半で、夜勤の必要性がなくなります。また、クリニックの場合は地元に密着した医療機関であることから、患者と直に触れ合う機会の多い和やかな雰囲気での治療となるケースが基本となり、精神的な負担が少ないのも特徴です。そのため、大きな医療機関での連日連夜のハードワークとは異なり、働きやすい環境となるのです。

更に、クリニックへの転職で生活サイクルが安定しやすくなります。クリニックの開業時間は一定で、土日や祭日は診療していない事が一般的です。そのため、看護師にも定期的な休日が与えられ、友人や家族と共有する時間を持ちやすい働き方となるのがメリットとされます。仕事と家庭の両立がしやすいこともあり、小さな子どもがいる看護師に人気がある職場となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です