ハードワークとこれから

生産労働人口の減少という問題が浮き彫りになって以降、さまざまな業界において雇用の状況に変化が生まれてきています。この生産労働人口の減少については、少子高齢化という社会現象との関係性についても取り上げられており、もはや各企業や各自治体レベルで解決できる問題では無くなってきています。ニュースでもハードワークによる過労死が度々報じられており、いまや社会問題となっているのです。若い世代の人はもとより、シニア世代に至るまで幅広い世代に関係していることと言えるでしょう。

そんな中、近年ハードワークという言葉が使われるようになってきており、論議を呼んでいます。読んで字のごとく、きつい仕事という意味合いの言葉になりますが、この状況をもたらしているのは人手不足であるという意見が多数を占めているようです。人手が集まらないことが理由で、本来であれば二人必要なところが一人になり、三人が好ましいところが二人になっていたりというような事態が起こっているというのです。このことについては、コスト削減という観点から見れば有用といえるのかもしれませんが、どうかすると大きな事故につながりかねないという意見があるのも事実です。ハードワークを強いることによって思わぬ事態になってしまうことも十分に考えられますので、注意が必要です。できることであれば十分な人材確保に努め、ハードワークの現場をなくすことが重要であるといえるでしょう。万全な体制のもとで、安心安全な業務が行われることが大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です