雇用環境が影響する

看護師の二交代制や三交代制での勤務は、拘束時間が十五時間以上にも及ぶハードワークです。また、病院のシフト制勤務では、日勤後に数時間程度の休息のみで夜勤に当たらなければならないこともあり、夜勤明けの休息だけでは体力が回復できていない状態もあります。また、看護師の職場で大きな問題とされるものの一つに人間関係があり、上下関係を意識した女性ならではの配慮が必要とされる事から、心理面の負担に繋がりやすいのが現状です。この拘束時間や心理面の負担が改善されれば、看護師の仕事は将来的にもより長い期間継続しやすいものとなるのです。

看護師が職場を選ぶ際に重視すべきポイントとしては、雇用環境が挙げられます。これは良好な人間関係が保たれているかどうかを検証する事が必要になり、その医療機関で実際に勤務している看護師にしか把握する事が難しい問題です。しかし、看護師の人員に対して患者の数が適切で、各スタッフに余裕がある明るい雰囲気のクリニックの場合は、理想的な人間関係がつくり上げられている事が多くあります。そのため、規則正しい勤務時間というクリニックならではのメリットを享受して、人間関係の良好な雇用環境で看護師として働く事ができます。そのため、拘束時間の長さという看護師のハードワークを逃れ、気兼ねなく同僚に接することができる勤務先を希望する際には、予めこれらの要素を兼ね備えたクリニックであるかどうかを確認する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です